So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

半分、険しい。 [林道・険道・旅]

施設面談の為、休暇を取った昨日。 用事は午前で終了。
めっちゃ 天気いいやん〜 で、午後はそっち系へ♪
                 
これだけ青空が心地よいと、身近であっても、思わず高い処へ登りたくなります〜
単独行動となった午後、西美濃 池田山へ♪
          
池田山
池田山 山頂 飛翔ポイントにて
風がなかったからでしょうか.. 普段ならパラグライダー他の離陸で活気溢れる山頂ですが、誰もいませんでした.. 少し拍子抜けでした。。
そそくさと、伊吹山の見える展望ポイントへ移動。
              
伊吹山
山頂より伊吹山を眺めて
         
沙羅林道(池田山 ⇔ 関ヶ原)路傍の「工事の為、関ヶ原方面へは通り抜け不可」警告は目に留まりましたが、青空に近い稜線を走りたい欲求から、行けるとこまでいくことに♪

池田山 沙羅林道 ふるさと沙羅林道
快晴の下、沙羅林道を快走 / 案内板
            
しかし、ダメなものはダメw
"明神神社" への分岐を過ぎた辺りで、案の定、捕まりました.. 無念...ww 
              
明神の森地点 通行止

この行き詰まりは、数カ月前にもやらかした記憶....w
このまま、池田温泉まで戻るのは耐えられず、とりあえずUターンはするものの、悪あがきを試みました。
            
沙羅林道と岐阜県道257号 川合垂井線が交わる三叉路で、意を決し、r257 春日 川合方面へ突入しました♪
どんな箇所で、風水害による陥没や崩落があるやも知れないため、長谷川 渓谷沿いを慎重に下って行きました。
この険道ルートは過去に数回走行した記憶がありますが、災害により通行不可(表示)となってから4〜5年は経ているように感じます。
              
r257 20分程度の走行で、揖斐春日 川合 古屋地区の集落 通行止箇所に辿り着きました。完抜できたんや〜♬

r257 川合垂井線 川合古屋 r257 春日川合 起点
r257 春日川合 古屋地区 / r32 → r257起点
                
林道険道、通れるときは通れるもんです〜♬
            
岩手峠分岐 → r257 春日川合 池田温泉 → 春日川合 ログ
                
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。