So-net無料ブログ作成
検索選択
林道・険道・旅 ブログトップ
前の15件 | -

幾利林道、時山〜多賀林道(五僧峠) [林道・険道・旅]

ひたすら皆さんの後を追っ掛けるスパですw
今日は朝4時自宅を出発し、上石津 / 岐阜・滋賀県境の聖地を訪ねました。
       
幾利林道 1 幾利林道 3
幾利林道 起点を 5:12 スタート、5:20 初めて "おっさん" に会うことができました♪

幾利林道 2 時山第二

ここで、今日も午前10時までには家に戻らなくちゃいけません 爆 
地元の花火大会があるし、おじいさんの世話もあるし〜
余韻に浸るのもそこそこに、多分通れるはずの "時山〜多賀林道" のゲート地点へ向かいます。
            
時山〜多賀林道 1
岐阜県側 林道起点のゲートはキレイに開いていました。レッツ・ゴー〜
            
程なくで、岐阜・滋賀県境の峠(五僧峠)に到着しました♪

五僧峠 1 五僧峠 2
            
五僧峠からの下り林道。
自分のイメージでは、テキトーに下りれば下界 / 多賀大社ほど近くに着けるだろうと思ってました。
事前の地図学習が不十分であるにもかかわらず、携帯 google ナビもテキトー操作のバチがあたり、予定ルートから2箇所ほど大きく逸脱するミスを犯してしまいました。
               
H29.07.29 時山〜多賀林道 実際の走行ルート
右側 北方向への跳ねは "幾利林道" ピストン分(正)ですが、左側 南北方向の跳ね2回は、交差点でのルート判断ミスを2回やってしまった結果です... あかんやん...

お多賀さん地区の林道とは申せ、大きな視点では、広大な鈴鹿山系の林道網の一部分なのでしょうか。奥の深さを思い知らされました。
自宅からの絶対距離も比較的近いので、今後ともじっくり楽しませていただきたいです♪
          
時山〜多賀林道 2
昔ながらの家屋佇まいに、懐かしさと穏やかさを感じました♪
            
コメント(0) 

2017 林道牛首線 [林道・険道・旅]

昨秋、岐阜県側 白川村から峠道標までの区間走行にとどまった牛首線の完走(峠道標→大勘場)を昨日試みました。
             
海の日3連休の中でも一番天気の良さそうな初日(7/15 土)に照準を合わせたものの、先週は岐阜県内でも中濃をはじめ、各地で大雨の被害があり、家族からは大概にしとかなあかんよ!と呆れられるなか、(目的地;牛首峠は告げず 爆)強行出発したのでした。
            
白川村側のゲートはいつものように復活しており、生まれて初めてご無礼しましたw(12:50)
      
牛首峠 2 牛首峠 1
牛首峠 林道道標まで順調に到着。(13:14)
予想以上に天候は回復、青空が迎えてくれてます♪
そして、いよいよ、13kmに及ぶ大勘場までのダート下りに初挑戦です!
              
ダート

水無ダム湖
            
直近豪雨対応は不明ですが、今期も着実に重機メンテされているように感じました。ありがたいことです。
諸先輩方の旅紀行を頭の中で重ね合わせながら、楽しみながら、ダートを走行していきました。
                  
しっかし、水無ダム湖を見下ろす地点を過ぎ、彼方に永らく不通の県道が視野に入ってきたあたりから、異変が発生。。。
        
右後輪方向より異音発生..
確認したところ、右後輪タイヤがペシャンコになっとりました... 
大勘場 県道との合流地点まで、どうみてもアト4〜5km 残している目算でした。あかん、絶体絶命....
             
現地点でスペアタイヤに履き換えても、残り3本も持ち堪えれるかどうか不安であり、(ダート初心者の浅はかさですが)パンクが幸い後輪で操舵の影響が無かったことから、そのままゆっくりとダート林道を下ることにしました...
             
ダート林道後半は、楽しむ心の余裕は全く無く 爆、ズタボロ・ヨレヨレ状態で大勘場側 県道合流 → 舗装路面区間まで辿り着き、ジャッキアップ作業に取り掛かりました。

ジムニー 右後輪パンク 1 ジムニー 右後輪パンク 2
               
ジムニー 応急措置
今日は出掛けに虫の知らせか、十字レンチを積み忘れたことに気付き、渋々家に取りに戻ったのでした。(このレンチが無いと、ジムニー背面のスペアタイアが上手く外せなかった過去の失敗事例あり)
        
慣れない作業でしたが、午後2時39分、スペアタイヤへの換装作業をなんとか完了。
東海北陸道 五箇山I.C.へと向かったのでした。
           
2017-07-15 牛首林道 20170715 全ルート
            
振り返ってみれば、やっぱり私はへなちょこ林道好きに如かないのか...
上級者の方が、40〜50km クラスのダートでも巧みに駆け抜け、大自然を満喫しておられるのに... 方や、スパはダートの走り方もど素人で、タイヤパンクやらかして...

そんな反省もありましたが、五箇山インターへ向かう道中、日帰り温泉を見つけ、旅の汗(冷や汗 爆爆)を洗い流し、ゆっくりと家路に着いたのでした♪
         
五箇山 くろば温泉 2 五箇山 くろば温泉 1
五箇山 くろば温泉♪  
          
P.S. 岐阜へ戻ると早々、タイヤショップに駆け込み、新 ジオランダー4本を新調しました。
今日の一日、スパーキーズ ジムニー、古きタイヤ達、そして楽しませてくれた大自然に感謝をば〜♪
             
コメント(0) 

2017 鳥越峠、国見峠(July 9 - part.2) [林道・険道・旅]

夏の "朝練" は効率良いです〜
            
八草峠を全線攻略し、金居原トンネル手前に着いたのは AM 6:47♪
余勢を駆って、先ず臨んだのは久方ぶりの "鳥越林道" です。
              
鳥越峠
鳥越峠にて
          
2017 July 09  鳥越峠 高山キャンプ場(鳥越林道)
鳥越林道 軌跡 / 高山キャンプ場(滋賀県側 林道起点)にて

鳥越林道 滋賀県側起点着 AM 7:55
午前10時頃までには 家に帰るでね / 口約束w には、まだもうちょっとイケます。
(このまま、R365 → 関ヶ原経由で帰っても10時近いはず 爆)
           
それなら、もう一っちょ♪
ということで、国見峠へ向かうことにしました。
              
林道国見線(滋賀県側 起点)
林道国見線 滋賀県側起点にて AM 8:27 でした。 
10時までに家に帰るつもりあるんか、ほんと 爆爆
                
2017 July 09  国見峠
林道国見線 本日の軌跡
             
国見峠にて
国見峠 着 AM 8:47  滋賀県側アプローチは意外と長かったです〜
              
伊吹山(国見峠より)
威風堂々 伊吹山♪
            
終わってみれば、岐阜 ⇔ 滋賀 県境三峠を一気にトライの6時間でした♪
           
あぁ はっそうとうげ 八草峠 ♪♪

コメント(0) 

2017 八草峠(July 9 - part.1) [林道・険道・旅]

山神さんちに出入りさせていただいてから、そのお繋がり先の貴重な情報もありがたくいただいとります♪
            
"セロー寄り道日記 2"さんちをかねてより訪問し、スパ永遠の宿題であった『八草峠・岐阜県側走破』は今しかないと信じw、本日早朝、決行いたしました。
             
揖斐川堤防 日の出
朝5時 日の出、揖斐川右岸堤防より眺めて
            
八草トンネル 岐阜県側アタック・ポジションに付いたのは午前 6:07。今日は迷わず突っ込みました!
  
八草峠 アタック・ポジション
             
先輩諸兄の旅ログを拝見し、岐阜県側はなんとか通過できる手応えを感じ取っていました。

ただ、実際に走り出してみて、岐阜県側ルート 峠へ向かうほぼ中間、右:山側法面、左:崖・樹木鬱蒼、日陰でぬたぬたの箇所を通過するとき、ジムニー1台車幅の直ぐ左崖側が足下から崩落、黒くぱっくりと穴が空いている箇所がありました。
           
一人旅でしたので、当該区間の前後もそれなりに慎重にハンドリングしていましたが、今振り返っても怖ぇです... 
4駆ジムニーといえど、無間地獄 / あの穴に左前輪を落としたら、ただではすまんかった気がします... 怖ぇぇ〜
              
この1箇所だけ背筋が凍る思いをしましたが、なんとか峠のお地蔵さんのところまで辿り着けました〜♪

八草峠 1

2017 July 09  八草峠
本日の八草峠アタックの軌跡です♪
          
滋賀県側は旧国303・日の裏林道とも道路管理が行き届いている印象を受けました。倒木箇所は(スパ はなっから記憶に無かったのが幸いかw)綺麗に復旧(伐採)されていました。
             
それにつけても、岐阜県側はジメジメ・ぬたぬた・奈落の底 崩落箇所もあり、先行きが心配です。道路維持管理が無ければ、もう、4輪での走破は今がラストチャンスのような気がします...
よくぞ、今日は通れたものだなぁ  まさに夢を見た感じです
           
H29.07.10 追記 photo

八草峠 紫陽花 八草峠 岐阜県側の眺め
峠 案内板 / 峠より岐阜県側の眺め
冠山(左)、能郷白山(右)の姿が美しいです♪
                
                         
コメント(2) 

庭田山、池田山 [林道・険道・旅]

スパ wi は娘と一緒に岩合さんの猫写真展&買物に行くとのことで、私は放置されましたw
        
自由時間、本来ならありがたや〜♪ですが、あいにく今は梅雨の真っ只中。しかも今日は大気不安定であり、飛騨&木曽方面は断念し、近場をあてどもなく。
           
長良川を河口へ下るなか、養老山地を越え、三重 員弁へ通じる道を思い出し、県道25号 南濃北勢線へ。
この道は休日ともなると、サイクリストで大賑わいですね。慎重に横を通過しました。

庭田山頂公園
庭田山頂公園にて
御嶽山や名古屋都心タワー群は雲の中でした。
            
三重 いなべ側へ下りた処、阿下喜にて温泉&昼ごはん(カレードリア)をいただきました。

阿下喜温泉 阿下喜温泉 カレードリア
阿下喜温泉 紫陽花
カレードリア;ゆらんとは別に進行中のシールラリーの条件で、一箇所の湯処でカレーを食べる必要があったため 爆

関ヶ原を経由しての帰り道、ご無沙汰の林道(明神〜池田線)を楽しみました♪
   
関ヶ原 明神の森 林道 池田〜明神線(沙羅林道)
関ヶ原 明神の森林道 / 林道 明神〜池田線
               
池田山 山頂
池田山 山頂近くより伊吹山を眺めて
         
林道へなちょこは、へなちょこらしい楽しみ方で♪ 
でも、Play With Fire Revisited ♪

コメント(0) 

2017 June 11, part 2 冠山峠 [林道・険道・旅]

早朝 4時半スタート、高倉峠攻め完遂に気をよくし 爆、R417 & 林道冠山線での美濃戻りを目論みました。
          
蓮如の里(芋ヶ平)7:09 到着時点では、福井県側の道が不案内とはいえ、体感的には 8時前には林道冠山線 福井側起点から冠山峠へ向かってアタック開始をと思い描いていました。
しかし、ヴェゼル車載ナビと異なり、この日はアナログ地図 + スマホ / google ナビが頼り。
南条から林道起点への移動に手こずりました〜 w
         
林道冠山線 福井側起点
福井側 林道冠山線 起点着 AM 8:20
イメージ的には約30分遅れ → この時点で、自宅帰着の口約束(午前10時頃までには戻るからw)の履行を諦めました 爆
          
そして、やっとこさ、冠山峠には 8:45 到着〜
(これでも一般的には、そこそこ良いタイムチャートではないかと思いますが♪)
        
冠山峠 7
    
冠山峠 3
北方(福井・石川県側)は素晴らしい眺めでした♪
夏到来にもかかわらず、山容南側斜面に雪を未だいただくのは、白山連峰 / 別山でしょうか?(ご存知の先輩諸兄、ぜひご教示くださいませ m(_ _)m )
         
南方 / 奥揖斐(岐阜県側)の眺めも美しかったです♪
         
冠山峠 1

最後になりましたが、例の名物看板(「峠です!」)は新しいコンセプトのヤツに付け替えられていました。
        
冠山峠 4
            
R417 の全通に向けてトンネル工事他は着々と進んでいるようですが、古えより美濃と越前を結ぶこれら峠道が、風変わりな旅人を今後とも楽しませてくれることを祈ります〜♪♪

冠山林道
冠山林道 途上にて

つづら折れ、尾根に沿って高度感抜群を進む道、車1台分の幅〜♪(高倉峠林道も同じ印象)
断崖側にコンクリート製縁石がまばらに設置してあるところもあれば、↑写真の通り、すっぴんの箇所もあり、いと楽し(怖し♪)
       
自宅出発 午前 4:39 → 帰着 午前 10:47  走行距離;237km
約6時間の単独行でした 爆爆
      
コメント(0) 

2017 June 11, part 1 高倉峠 [林道・険道・旅]

長き冬の帳(場合によっては、長きに亘る災害復旧工事)を経て、大好きな林道 / 峠道の開通情報を耳にすると、もう居ても立ってもおられません〜 天気快晴予報なら、発進あるのみ〜♪
そんなわけで、本日 6/11 Sun 朝 04:39 自宅出立。岐阜・福井県境 高倉峠(こうくらとうげ)を目指しました。
          
ですがここで、齢を重ねるごとに、高度感のある場所への苦手意識が強くなってますw
福井県側の、あのちゃちな縁石しか置かれていないw 絶壁林道は怖くて下りれんかも...
峠にワンタッチしたら、そのまま引き返して、冠山峠方面へ逃げようか...
           
そんなチキン思いに囚われながら、6:06 林道塚線 分岐にて、左側 高倉峠方面へハンドルを切ったのでした。
               
塚林道分岐
                 
ほどなく、念願の、晴れの高倉峠に到着しました。(午前 6:29)
           
高倉峠 1

高倉峠 6 高倉峠 4
高倉峠にて - 越前方面 山々雲海 / 東方より朝日が昇ります♪
            
美しい峠景色を眺め、不安は消え去りました。
果敢に、福井県側 下り林道にアタ〜ック開始♪
            
幸い身構えたほどの断崖絶壁感ではなく(これがニンゲンのセンチメントか♪ 爆)、無事、南越前町に到着しました。
        
蓮如の里
07:09 蓮如の里(芋ヶ平)

本日の、徳山ダム北限起点よりの周遊道程全容を以下に。
           
H29.06.11 高倉峠・冠山峠 周遊
徳山ダム → 林道塚線 → 高倉峠 → 南条 ・・・ R417 → 林道冠山線 → 冠山峠 → 塚分岐 → 徳山ダム
             
(P.S. 南条まで下りた後、google ナビは 福井県道 r203 方向ではなく、大回りとなる r201 → R476 を薦めたのでした。実際のところ、r203 峠越えの道路状況はどうだったのかしらん。地図で見る限り、かなり時間短縮できそうだったのに 爆)

part 2 へ続く

コメント(0) 

2017 GPSロガー 肩慣らし [林道・険道・旅]

桜便りも聞こえ始めた3月下旬、GPSロガーの使い方を復習すべく 爆、中美濃林道を訪ねました〜
         
H29.03.26 中美濃林道トライ 1 H29.03.26 中美濃林道トライ 3
あわよくば、旧 R256 / 板取 加部地区まで走破完走できないかなぁと、虎狸を試みましたが、高賀山へ向かう尾根途中、定番展望所への手前で堰き止められました。
                   
中美濃林道 進入不可 1 中美濃林道 進入不可 2
GPSロガー軌跡、最突っ込み地点状況 爆
    
中美濃林道 三叉路 中美濃林道 進入不可 3
高賀神社へと降りる定番 三叉路にはほとんど雪は無くなっていたのですが、瓢ヶ岳へ向かう尾根を数分走っただけで、未だ冬の分厚い帳に行く手を遮られたのでした...

H29.03.26 中美濃林道トライ 2
国土地理院地図上の軌跡
             
あと数年で 60 到達っすw
危険なことばかり試みとったらあかんのでしょうが、今日もこころ細き真冬ゾーン一人旅でしたが、なんとか今年も林道にぶつかっていく手応えを感じました♪
この後、板取川温泉 バーデェハウスに立ち寄り、ほかほか気分で家路に着きました〜♪
       
コメント(0) 

VEZEL 50,000km [林道・険道・旅]

H26年5月納車 もうまもなく3年目、最初の車検が到来する我が家の Honda / VEZEL です♪
順調に走行距離が伸び、本日 50,000km 到達となりました。
             
立春も過ぎ、なんだかんだといっても三寒四温。
天気も良いので東海北陸道を北上、名残の雪見に出掛けることにしました。
      
東海北陸道 大和.jpg
東海北陸道 "ぎふ大和I.C." 附近を爆走〜 
今日は正面にくっきりと美しい大日ヶ岳を観ることができました。
ただし、ダイナランドや高鷲スノーパーク方面はスキー・ボード客でごった返している気配を感じ、白鳥I.C.で高速を下り、石徹白(いとしろ)方面へ向かいました。
          
VEZEL 49,999km VEZEL 50,000km
ウィングヒルズ白鳥 / 満天の湯 手前でめでたく 5万km に到達〜♪
    
ウィングヒルズ白鳥 1

石徹白 1
ウィングヒルズ白鳥スキー場の雪も少なくなってきましたが、対面 石徹白の山々はいい感じです。
             
さて、天然温泉をいただく方ですが、あいにくゲレンデに近い "満天の湯" だけでなく、下界の "やまと温泉やすらぎ館" も超満員でした。
そんなことから、今日は "高畑温泉 湯之本館" さんを選びました。
これが大正解〜♪
           
高畑温泉 1 高畑温泉 5
 
高畑温泉 7

高畑温泉 3

長良川支流、渓流沿いの秘湯を思う存分楽しませていただきました。
今日 一日に、心から感謝です♪

コメント(0) 

2017 金華山、長良川 [林道・険道・旅]

H29(2017)Jan. 15
昨日に続いて 雪はしっかりと降りました。
午後 青空が一時覗いたので、Pentax 片手に 長良川河畔に行きました。
           
金華山 長良橋
長良橋 インライン・スケートリンク前にて
           
金華山 長良川
長良川右岸堤防道路 金華橋手前にて
 
このように厳しくも美しき日は 温泉も行かないかんて〜♪
郡上市美並 "子宝の湯" をいただきました。
その道中、長良川左岸にて
      
美並 長良川河畔 1
             
美並 長良川河畔 2
          
コメント(0) 

お近づき〜♪ [林道・険道・旅]

今日は画期的な一日でした♪
私が牛首峠チャレンジにもがいていた最中、レファレンス・サイトとして貴重な攻略情報wをいただいた、"山神ブログ" さんと直連させていただくことができました♪

これは、ひょっとしたら、この間渡った "宮の前橋" (R418 南信濃和田、乙姫バス停前)のご利益かも〜♪ (ん〜な わけないか 爆)

R418 宮の前橋 2 R418 宮の前橋 1

なにはともあれ、来春、JR飯田線 秘境 小和田駅、ぜひ訪れたいものです〜♪
       
コメント(0) 

R256 付知峡(おんぽいの湯)→ R41 飛騨川 下油井駅 [林道・険道・旅]

天気は絶好の秋晴れ〜 当初、紅葉狩京都行を計画していましたが、昨夜発覚 88 おじいさん「通帳印鑑紛失事案」対処でぶっ飛びました〜w
      
なんとか、本日午前中で、一応の手配・手続を終えたことから、ほっとの午後、相棒と "ゆらん" に出掛けましたw
東濃 付知峡近く "おんぽいの湯" を、東白川村経由(岐阜県道 r62)で目指しました。
          
おんぽいの湯 おんぽいの湯 夕森山
おんぽいの湯 / 夕森山
          
ここは、以前職場でお世話になった "カピバラ大先輩" いち推しの湯処です。
私も大のお気に入りです。ポンタカード呈示で入浴料割引 500円になりますし♪
            
極上お湯をいただいて、さあ、夕ご飯を待つおじいさんのため、時間短縮を図るには、帰路も同じルートで戻ればよいのですが、それでは面白味に欠けるかな...とw

てなわけで、R256 細い山道をひた走り、飛騨川 下油井地区で R41に合流するルートに初めてトライしました。
         
R256 付知 ~ 下油井 2
おんぽいの湯 → R256 → JR高山本線 下油井駅 → R41へ合流
                             
通り掛った JR下油井駅で、ワイドビューひだ号が停まっていることに気付きました。
   
JR 下油井駅(高山本線)
特急の停車駅ではない、めっちゃ小さい駅であり、思わず、車両トラブルか何か起きたのかな?と思いましたが、ちゃいましたw
単線 / 高山本線ゆえの、上り下り列車、すれ違い調整のためでした。
           
下油井駅 ワイドビューひだ号
上り ワイドービューひだ号、発車〜♪
             
R41 飛騨川沿いの小さな駅 / JR 下油井駅、自分にはとても印象的な駅の一つとなりました〜♪
          
コメント(0) 

2016-17 冬支度 [林道・険道・旅]

いよいよ冬将軍の到来ですね。

私の場合、「雪深い奥飛騨温泉郷とかは、春〜秋 行楽シーズンよりも厳冬期の方が自家用車/観光客の出足が鈍くなり、ゆったりと露天(雪見)風呂を楽しむことができる〜♪」スケベ心からw、今日はいそいそ早々と我が家2台のスタッドレス履き替えを完了しました。

2016-17 冬タイヤ換装
Vezel 冬準備完了♪
         
冬支度整ったもう片方の Jimny で、早速奥飛騨方面一人旅へと、心が駆り立てられましたが、O U T !!! 
トーゼンの如く横槍が入りw、月並みな紅葉名勝地を目指すところとなりました。
      
養老の滝 3 養老の滝 1
養老の滝
           
養老の滝 2
            
地元民はみんな知ってる紅葉の景勝地 "養老の滝" ですが、決して月並みではないっす♪
なんか、アジア系観光客の方が、ここもめっちゃ増えたような気がしました♪
           
ついでに(実は、一番お目当の 爆)日帰り温泉〜♪

南濃温泉 水晶の湯 2
"南濃温泉 水晶の湯"にて

南濃温泉 水晶の湯

濃尾平野を一望、名古屋都心 / 名駅タワーズまで肉眼でくっきりの展望露天風呂が、入浴料 510円です(ゆらん会員はなんと 410円)!
これも、田舎 岐阜県の醍醐味です〜♪
        
コメント(0) 

飛騨金山 横谷峡、馬瀬 老谷 [林道・険道・旅]

風邪をまだ引きずっていましたがw、ぼちぼち紅葉ハイライトが近づきつつもあり、今日は飛騨方面へと向かいました。
私個人的には、木曽路 / 阿寺・柿其渓谷モードだったのですが、行ったことのない処がいいと云う大蔵卿の意見に押されw、飛騨金山 横谷峡を目指すことになりました。

横谷峡 鶏鳴滝 3
         
横谷峡 鶏鳴滝 2 650.jpg
横谷峡 鶏鳴滝
        
横谷峡 1 横谷峡 秋のキノコ

横谷峡 洞門
横谷峡 洞門

横谷峡 二見滝
横谷峡 二見滝
        
横谷峡 全体的には、紅葉ピークまでもう少しの印象でした。
それではと、馬瀬川最上流 老谷ふれあい自然公園まで足を伸ばしました。

馬瀬 老谷ささやき自然公園 2 馬瀬 老谷ささやき自然公園 3
馬瀬 老谷ふれあい自然公園
           
馬瀬 老谷ささやき自然公園 4
               
今年の秋も、飛騨は美しいです。
         
コメント(0) 

牛首峠、冬が来る前に♪ [林道・険道・旅]

風邪を引いて、4金・5土と使い物にならなかったですが、白山スーパー林道にて除雪車が稼働開始なんて新聞記事が目に入り、居ても立ってもおられませんでした。。。

牛首峠(岐阜・富山県境)ルートをGPSロガーできる年内日数には限りあり!
行くのは今でしょとばかりに、パブロン&葛根湯をw飲みしつつ、本日朝一番で白川郷I.C.に向かったのでした。

牛首林道 入り口 牛首林道 1
白川郷側、今日はゲートが開いてました。正直、拍子抜け〜w  
R360 とは異なり、北側から白川村を遥か見降ろしながら高度を上げて行きます。
     
牛首林道 5
                           
道幅が狭い箇所もありましたが、ダート林道を堪能するなか、程なくで牛首モニュメント地点へ到着しました。
            
牛首林道 3

牛首林道 4
この林道記念碑と向い合えるときを、これまでどれだけ心待ちしたことでしょう♪
            
下界は晴天でしたが、富山県境峠へ着く頃には冷たい小雨に降られました。
ここから、前回断念した利賀村 大勘場方面へと続く極悪ダート林道を降りて、初めて "林道牛首線" 完走となるのですが、風邪で体調悪いのと雨空でアタック精神が萎えてしまいました。

県境三叉路方向には、チェーンが掛けられ侵入阻止(表面上w)でした。
しかし、支柱横は軽1台が通れそうな草叢でしたので、これまでの学習効果により、記憶に残っていた三叉路看板地点まで斥候しました。

牛首峠分岐 1

左方向へ進み、利賀村大勘場への山下りガレ道(ジャスト、ジムニー1台分 超ガレガレ)を数分走ってみましたが、やっぱ断念。。
完走楽しみは来年夏シーズンにとっておくことにしました♪
                 
牛首林道 走行軌跡
        
いろいろありましたがw、GPSロガーを手にいれた今シーズン、なんとか牛首峠へ辿り着くことができました。ジムニーに感謝です♪

ここで、今日はおいてこりんの大奥、体調無謀なスパ独り勝手行動にカンカンでした。
残りの年内は、紅葉狩り散策他で機嫌を取らなあかんやろうな〜〜 爆爆
             
コメント(2) 
前の15件 | - 林道・険道・旅 ブログトップ