So-net無料ブログ作成
検索選択

越前一乗谷 朝倉氏遺跡 [旅]

買ったばかりのジオランダー SUV タイヤを、早朝活動一発(幾利林道)でボロボロにしてしまってあかんがね!とカミナリを落とされたスパです... 爆
           
そんなこんなで、今日はご機嫌とりに ...
天気予報がさえなかったので、越前大野へおろしそばを食べに行くことにしました。

梅林(越前大野)おろしそば
おろしそば / 梅林さん(越前大野)
               
私は 醤油カツ丼 + 小さいおろしそば のセット、家内は辛いのが苦手で(なぜ越前大野まで行くか? 爆爆)天ざるにしました。

梅林 スパセット
スパセット 880円+320円也

福井はソースカツ丼(ヨーロッパ軒)がダントツ人気と思いますが、個人的には上記組み合わせがベストっす♪
              
昼食後、今日の温泉地(鯖江)へ向かう途中、福井市南部を走っていたところ、一乗谷に差し掛かりました。
緑豊かで広大な敷地に、種々の遺構がまばらに配された遺跡でした。
           
一乗谷 朝倉氏遺跡 3

一乗谷 朝倉氏遺跡 1 一乗谷 朝倉氏遺跡 2

当地を訪れる観光客は、歴史的な解説を細かく聞かなくても、『烈火のごとく怒る信長により徹底的に焼き払われた一乗谷の様子』を目蓋に浮かべることができるのではと思います。
       
夏真っ盛り、夏草が勢いよく匂いを放ち、裏手山の若竹が若緑を誇るこの季節。
建物はほとんど無い遺構・遺跡でしたが、往時の朝倉氏の権勢、そしてその没落の儚さを鮮明に目の当たりにした心持ちでした。
             
そして、日帰り温泉は鯖江市 かわだ温泉 "ラポーゼかわだ" へ。
          
鯖江 かわだ温泉 ラポーゼかわだ 1 鯖江 かわだ温泉 ラポーゼかわだ 3

鯖江 かわだ温泉 ラポーゼかわだ 2
手入れの行き届いた、立派な杉木立ちが目の前の露天風呂を楽しませていただきました♪
               
コメント(0) 

幾利林道、時山〜多賀林道(五僧峠) [林道・険道・旅]

ひたすら皆さんの後を追っ掛けるスパですw
今日は朝4時自宅を出発し、上石津 / 岐阜・滋賀県境の聖地を訪ねました。
       
幾利林道 1 幾利林道 3
幾利林道 起点を 5:12 スタート、5:20 初めて "おっさん" に会うことができました♪

幾利林道 2 時山第二

ここで、今日も午前10時までには家に戻らなくちゃいけません 爆 
地元の花火大会があるし、おじいさんの世話もあるし〜
余韻に浸るのもそこそこに、多分通れるはずの "時山〜多賀林道" のゲート地点へ向かいます。
            
時山〜多賀林道 1
岐阜県側 林道起点のゲートはキレイに開いていました。レッツ・ゴー〜
            
程なくで、岐阜・滋賀県境の峠(五僧峠)に到着しました♪

五僧峠 1 五僧峠 2
            
五僧峠からの下り林道。
自分のイメージでは、テキトーに下りれば下界 / 多賀大社ほど近くに着けるだろうと思ってました。
事前の地図学習が不十分であるにもかかわらず、携帯 google ナビもテキトー操作のバチがあたり、予定ルートから2箇所ほど大きく逸脱するミスを犯してしまいました。
               
H29.07.29 時山〜多賀林道 実際の走行ルート
右側 北方向への跳ねは "幾利林道" ピストン分(正)ですが、左側 南北方向の跳ね2回は、交差点でのルート判断ミスを2回やってしまった結果です... あかんやん...

お多賀さん地区の林道とは申せ、大きな視点では、広大な鈴鹿山系の林道網の一部分なのでしょうか。奥の深さを思い知らされました。
自宅からの絶対距離も比較的近いので、今後ともじっくり楽しませていただきたいです♪
          
時山〜多賀林道 2
昔ながらの家屋佇まいに、懐かしさと穏やかさを感じました♪
            
コメント(0) 

2017-18 ゆらん [ゆらん / 温泉シールラリー]

新年度 "ゆらん温泉シールラリー 2017-18" のキットが送られてきました。

ゆらん 2017-18

前年度がっついた甲斐あってw、"温泉横綱" 紹介欄にちゃっかし、スパーキーズも載せていただけました。ありがとうございました♪
             
ゆらん 2017-18 横綱
         
今後とも『一湯 一会』で楽しませていただきます♪
           
コメント(2) 

新穂高温泉 野の花山荘 [温泉]

明日からの業務に備えw、心身をほぐすべくww、天候はよくなかったですが、今日はあえて新穂高温泉郷を目指しました。
       
新穂高 野の花山荘 07
新穂高ロープウェイ乗り口の手前、鍋平高原へ向かう鋭角切り戻しのポイントにて北方を眺めても、穂高・槍の山肌は全く眺めれず、ただ白い雲の壁...
                
ここで、今日は朝9時の遅い出発になってしまいました..(スパ wi は実家へ あたひは一人旅〜♪)
ジムニーは新タイヤ(ジオランダー SUV)で順調に進撃。
新穂高 登山食堂 "ひがく"さんへは12時ジャスト到着、お昼をいただきました。

ひがく(登山食堂)朴葉味噌定食
朴葉味噌定食 1300円で腹ごしらえ〜
              
お昼をいただきながら、今日の温泉は何処でいただこうか、思案橋〜♪
天気が抜群で、槍が観えれば、文句なしに槍見館さん、深山荘さん etc. なのでしょうが、今日はあいにくの雨空♪
         
というわけで、前回 紅葉時、鍋平高原散策の道中、瀟洒なホテル外観をチェック済の湯処へお邪魔しました。
今日は、新穂高温泉 野の花山荘さんへ♪
            
新穂高 野の花山荘 05 新穂高 野の花山荘 02
新穂高温泉 野の花山荘
        
野の花山荘 風呂 01 野の花山荘 風呂 03

野の花山荘 風呂 06
晴れていれば、この露天風呂湯船に滔々と源泉が注がれる湯口の後方を仰ぎ見れば、錫杖岳の威容が目に飛び込んできましょう♪(スパーキーズ・イメージです♪)
         
コメント(0) 

番外編 ・・・ 博物館 網走監獄 [my life]

今回の北見出張、恥ずかしながら私、生まれて初めての北海道旅でした。
旅を前にして、あれこれ思いを巡らすなか、何とはなしに、時間があればぜひ網走監獄を見てみたいと思うに至りました。
正直に申せば、高倉健さんへの憧れ・追慕なのでしょうか♪

7/21 出張最終日のエクスカーション行事も終わり、全国各地からの参加者が女満別空港から各々帰郷フライトに付くなか、中部国際行きは時刻的に一番後の便となり、空港での待機時間が 2.5h ほど生じました。
            
女満別空港 ⇔ 網走監獄 は 20km 足らず。タクシー往復ならなんとか飛行機出発に間に合いそう♪ ここは、網走監獄、行くしかなかんべや〜♪
ということで、スパ偏狭的志向の、この目的地を訪ねることにしました。

博物館 網走監獄 1
博物館網走監獄 入り口ゲートにて
      
博物館 網走監獄 2 博物館 網走監獄 6
『正門』他、赤レンガ塀の多くは「再現建築物」であり、健さんロケ現場/背景とは異なるものですが、頭の中は混沌として、映画:網走番外地、幸福の黄色いハンカチの記憶感慨に浸ります。
スパは赤レンガフェチかも... w
         
博物館 網走監獄 3 博物館 網走監獄 4

最大の見どころは、囚人が実際に収獄されていた『五翼放射状官舎』(木造建築)です。
右側写真のごとき囚人収容舎が5棟、翼放射状に設置された官舎は、明治45年建築の木造建築物を昭和60年にそのまま移築復元したものです。
          
博物館 網走監獄 5 博物館 網走監獄 9
                
当博物館には、そこかしこに囚人や刑務官の実物大フィギュアがあしらわれています。
タッソー蝋人形とまでは行きませんが、妙に生々しくw、各々の場面に溶け込んでいます 爆
   
博物館 網走監獄 8 博物館 網走監獄 7
雑居房の囚人 / 浴場ジオラマ
           
博物館 網走監獄 10
第四舎 / 白鳥由栄(しらとり よしえ)
       
       
明治政府が蝦夷地の開拓に本腰を入れなければならなかった、ロシアをはじめとした当時の列強に関する国際情勢。江戸期の囚人取扱いとの変移有無。開拓事業における囚人の過酷な強制労働の実態 etc.
国際情勢、我が国の内政状況、人権保護の歴史的変遷他、数々の重要な検証テーマが在るなか、この遺産は自らは何も語らずとも、参観者自身の意識の根底からテーマが湧き上がってくるかのようです。
          
独居房 扉の一本の樫の木を見つめていると、その樫の木が自部屋 囚人にまつわる物語を語り始めるような気配を感じました。。
            
               
<追記>
第四舎の天井部分を跳躍する褌姿のフィギュアは、実在の脱獄者 - 白鳥由栄 の脱獄シーンを模したものだったとは... 驚爆
白鳥由栄 網走監獄より脱獄(昭和19年8月26日)                
時代背景の掘り下げだけでなく、囚人の生きざまにも興味が尽きません。。。
              
コメント(0) 

2017北海道旅 ・・・ 北見 [my life]

7月19日 〜 21日、北海道北見市へ出張しました。
          
北海道 北見
この季節は、小麦、テン菜、玉ねぎの色模様、コントラストが見事でした。
                  
そして、サロマ湖畔 ワッカ原生花園を訪ねました。

サロマ湖 ワッカ原生花園 2 サロマ湖 ワッカ原生花園 3

サロマ湖 ワッカ原生花園 5 ハマナス
ハマナス
          
サロマ湖 ワッカ原生花園 6 カワラナデシコ
カワラナデシコ
              
コメント(0) 

2017 林道牛首線 [林道・険道・旅]

昨秋、岐阜県側 白川村から峠道標までの区間走行にとどまった牛首線の完走(峠道標→大勘場)を昨日試みました。
             
海の日3連休の中でも一番天気の良さそうな初日(7/15 土)に照準を合わせたものの、先週は岐阜県内でも中濃をはじめ、各地で大雨の被害があり、家族からは大概にしとかなあかんよ!と呆れられるなか、(目的地;牛首峠は告げず 爆)強行出発したのでした。
            
白川村側のゲートはいつものように復活しており、生まれて初めてご無礼しましたw(12:50)
      
牛首峠 2 牛首峠 1
牛首峠 林道道標まで順調に到着。(13:14)
予想以上に天候は回復、青空が迎えてくれてます♪
そして、いよいよ、13kmに及ぶ大勘場までのダート下りに初挑戦です!
              
ダート

水無ダム湖
            
直近豪雨対応は不明ですが、今期も着実に重機メンテされているように感じました。ありがたいことです。
諸先輩方の旅紀行を頭の中で重ね合わせながら、楽しみながら、ダートを走行していきました。
                  
しっかし、水無ダム湖を見下ろす地点を過ぎ、彼方に永らく不通の県道が視野に入ってきたあたりから、異変が発生。。。
        
右後輪方向より異音発生..
確認したところ、右後輪タイヤがペシャンコになっとりました... 
大勘場 県道との合流地点まで、どうみてもアト4〜5km 残している目算でした。あかん、絶体絶命....
             
現地点でスペアタイヤに履き換えても、残り3本も持ち堪えれるかどうか不安であり、(ダート初心者の浅はかさですが)パンクが幸い後輪で操舵の影響が無かったことから、そのままゆっくりとダート林道を下ることにしました...
             
ダート林道後半は、楽しむ心の余裕は全く無く 爆、ズタボロ・ヨレヨレ状態で大勘場側 県道合流 → 舗装路面区間まで辿り着き、ジャッキアップ作業に取り掛かりました。

ジムニー 右後輪パンク 1 ジムニー 右後輪パンク 2
               
ジムニー 応急措置
今日は出掛けに虫の知らせか、十字レンチを積み忘れたことに気付き、渋々家に取りに戻ったのでした。(このレンチが無いと、ジムニー背面のスペアタイアが上手く外せなかった過去の失敗事例あり)
        
慣れない作業でしたが、午後2時39分、スペアタイヤへの換装作業をなんとか完了。
東海北陸道 五箇山I.C.へと向かったのでした。
           
2017-07-15 牛首林道 20170715 全ルート
            
振り返ってみれば、やっぱり私はへなちょこ林道好きに如かないのか...
上級者の方が、40〜50km クラスのダートでも巧みに駆け抜け、大自然を満喫しておられるのに... 方や、スパはダートの走り方もど素人で、タイヤパンクやらかして...

そんな反省もありましたが、五箇山インターへ向かう道中、日帰り温泉を見つけ、旅の汗(冷や汗 爆爆)を洗い流し、ゆっくりと家路に着いたのでした♪
         
五箇山 くろば温泉 2 五箇山 くろば温泉 1
五箇山 くろば温泉♪  
          
P.S. 岐阜へ戻ると早々、タイヤショップに駆け込み、新 ジオランダー4本を新調しました。
今日の一日、スパーキーズ ジムニー、古きタイヤ達、そして楽しませてくれた大自然に感謝をば〜♪
             
コメント(0) 

2017 鳥越峠、国見峠(July 9 - part.2) [林道・険道・旅]

夏の "朝練" は効率良いです〜
            
八草峠を全線攻略し、金居原トンネル手前に着いたのは AM 6:47♪
余勢を駆って、先ず臨んだのは久方ぶりの "鳥越林道" です。
              
鳥越峠
鳥越峠にて
          
2017 July 09  鳥越峠 高山キャンプ場(鳥越林道)
鳥越林道 軌跡 / 高山キャンプ場(滋賀県側 林道起点)にて

鳥越林道 滋賀県側起点着 AM 7:55
午前10時頃までには 家に帰るでね / 口約束w には、まだもうちょっとイケます。
(このまま、R365 → 関ヶ原経由で帰っても10時近いはず 爆)
           
それなら、もう一っちょ♪
ということで、国見峠へ向かうことにしました。
              
林道国見線(滋賀県側 起点)
林道国見線 滋賀県側起点にて AM 8:27 でした。 
10時までに家に帰るつもりあるんか、ほんと 爆爆
                
2017 July 09  国見峠
林道国見線 本日の軌跡
             
国見峠にて
国見峠 着 AM 8:47  滋賀県側アプローチは意外と長かったです〜
              
伊吹山(国見峠より)
威風堂々 伊吹山♪
            
終わってみれば、岐阜 ⇔ 滋賀 県境三峠を一気にトライの6時間でした♪
           
あぁ はっそうとうげ 八草峠 ♪♪

コメント(0) 

2017 八草峠(July 9 - part.1) [林道・険道・旅]

山神さんちに出入りさせていただいてから、そのお繋がり先の貴重な情報もありがたくいただいとります♪
            
"セロー寄り道日記 2"さんちをかねてより訪問し、スパ永遠の宿題であった『八草峠・岐阜県側走破』は今しかないと信じw、本日早朝、決行いたしました。
             
揖斐川堤防 日の出
朝5時 日の出、揖斐川右岸堤防より眺めて
            
八草トンネル 岐阜県側アタック・ポジションに付いたのは午前 6:07。今日は迷わず突っ込みました!
  
八草峠 アタック・ポジション
             
先輩諸兄の旅ログを拝見し、岐阜県側はなんとか通過できる手応えを感じ取っていました。

ただ、実際に走り出してみて、岐阜県側ルート 峠へ向かうほぼ中間、右:山側法面、左:崖・樹木鬱蒼、日陰でぬたぬたの箇所を通過するとき、ジムニー1台車幅の直ぐ左崖側が足下から崩落、黒くぱっくりと穴が空いている箇所がありました。
           
一人旅でしたので、当該区間の前後もそれなりに慎重にハンドリングしていましたが、今振り返っても怖ぇです... 
4駆ジムニーといえど、無間地獄 / あの穴に左前輪を落としたら、ただではすまんかった気がします... 怖ぇぇ〜
              
この1箇所だけ背筋が凍る思いをしましたが、なんとか峠のお地蔵さんのところまで辿り着けました〜♪

八草峠 1

2017 July 09  八草峠
本日の八草峠アタックの軌跡です♪
          
滋賀県側は旧国303・日の裏林道とも道路管理が行き届いている印象を受けました。倒木箇所は(スパ はなっから記憶に無かったのが幸いかw)綺麗に復旧(伐採)されていました。
             
それにつけても、岐阜県側はジメジメ・ぬたぬた・奈落の底 崩落箇所もあり、先行きが心配です。道路維持管理が無ければ、もう、4輪での走破は今がラストチャンスのような気がします...
よくぞ、今日は通れたものだなぁ  まさに夢を見た感じです
           
H29.07.10 追記 photo

八草峠 紫陽花 八草峠 岐阜県側の眺め
峠 案内板 / 峠より岐阜県側の眺め
冠山(左)、能郷白山(右)の姿が美しいです♪
                
                         
コメント(2) 

庭田山、池田山 [林道・険道・旅]

スパ wi は娘と一緒に岩合さんの猫写真展&買物に行くとのことで、私は放置されましたw
        
自由時間、本来ならありがたや〜♪ですが、あいにく今は梅雨の真っ只中。しかも今日は大気不安定であり、飛騨&木曽方面は断念し、近場をあてどもなく。
           
長良川を河口へ下るなか、養老山地を越え、三重 員弁へ通じる道を思い出し、県道25号 南濃北勢線へ。
この道は休日ともなると、サイクリストで大賑わいですね。慎重に横を通過しました。

庭田山頂公園
庭田山頂公園にて
御嶽山や名古屋都心タワー群は雲の中でした。
            
三重 いなべ側へ下りた処、阿下喜にて温泉&昼ごはん(カレードリア)をいただきました。

阿下喜温泉 阿下喜温泉 カレードリア
阿下喜温泉 紫陽花
カレードリア;ゆらんとは別に進行中のシールラリーの条件で、一箇所の湯処でカレーを食べる必要があったため 爆

関ヶ原を経由しての帰り道、ご無沙汰の林道(明神〜池田線)を楽しみました♪
   
関ヶ原 明神の森 林道 池田〜明神線(沙羅林道)
関ヶ原 明神の森林道 / 林道 明神〜池田線
               
池田山 山頂
池田山 山頂近くより伊吹山を眺めて
         
林道へなちょこは、へなちょこらしい楽しみ方で♪ 
でも、Play With Fire Revisited ♪

コメント(0) 

24 Nights - blues band [Music (play mode)]

eric clapton blues 楽曲のきちんとした履修にあたって、何から手を付けようか...
過去にスコア / Tab譜は just one night、from the cradle, me & Mr. Johnson 等々、買い込んではありますが、どれも難度高すぎるよなぁ...

そんななか、リアルタイムでライブ(dvd)を観て、めっちゃくちゃカッチョえぇ〜と感じたタイトルのことが脳裏を過ぎりました♪
          
24 Nights 1 24 Nights 2
"24 Nights"
先ず狙うは、ここに収録の blues 超大物2曲♪ 爆
          
しっかし、久しぶりにこのディスクを聴きましたが、どの編成の曲も最高に素晴らしい♪(但し orchestra 編成は、もう一つかな 爆)
blues 課題曲の学習に挫折したとき、ec 自作曲&コンテンポラリー曲の出来栄えも素晴らしいから、そっちで気分転換もできそうだし♪
     
この 90-91 RAH、4 piece・9 piece・blues band 各々の一番良い代表的ブート・タイトルって、何でしたっけ?
ガールズ・ロックばかり追っ掛けすぎてw、ec 痴呆になったスパにどうぞ愛の手を〜♪
               
コメント(0) 

16-17 "ゆらん" 満願 [my life]

2016-17 がっつき温泉巡りの1年でしたが、このたび"温泉シールラリー ゆらん"の認定書が送られてきました。
      
ゆらん 2016-17 温泉横綱
2016-17 第161代 温泉横綱 認定『スパーキーズ部屋』
              
正直なところ、2回目の賞状には、前回ほどの喜び爆発という感じはないですw
ですが、横綱クリアー条件 72湯 に対してスパ 83湯、よくぞ駆けずり回ったなぁ...と 感慨っす。
        
新たな1年は、ゆらんにも少し飽きたしw、四国お遍路・安全そうな未体験林道巡り 爆・ec blues 浸り・zep 爆音出し 自爆・fab4 鱧 爆・加賀屋やきとん 等々にロックオン♪ アクセントを変えて行きたいなぁと思ってます。
ではでは〜♪
          
コメント(0)