So-net無料ブログ作成

”山神(さん)のブログ 3” ♪ [林道・険道・旅]

2016 Sep 27, 牛首峠トライ
          
利賀 ⇔ 白川郷 双方向からとも進行不可で終わったことは、ただただ挫折感...
そんな明くる日、まさに山の神さまの如き、走行ブログに出会いました♪
           
牛首峠 牛首林道 大勘場側 2016
『山神(さん)のブログ 3』です♪

進行ルートはスパとは逆ですが、牛首峠よりの長い林道ガレ場を快調に下り、大勘場 r34 分岐地点に至る走行ログを拝見しました♪
           
併せてここで、幾つも枝別れする、牛首峠付近険道のもの凄さもあらためて!
(県道 r34 は長期間通行不可で、全く使いものにならず 爆)
        
私ごとき『夕刻には所要があるけど、それまでの間、林道走りを楽しもう』なんて単日発想では、遭難間違いなし! マジw

究極、今の心境は、日の出前には現地入り → 日没も楽しからんや 的な旅程で、心行くまで牛首エリアを堪能したいです〜♪
       
コメント(0) 

2016 牛首林道(岐阜・富山県境) [林道・険道・旅]

牛首林道、やっぱ、ご縁が薄いのかな〜
      
利賀(とが 富山県側)r34 分岐、白川郷(岐阜県側)R156 分岐とも、進撃ご縁を得ることができませんでした。。。
            
利賀 牛首林道 1
富山県道34号からの分岐起点にて

利賀 牛首林道 2
牛首林道 利賀側からの進入を試みるも、県境まで超劣悪なダートが続きそう... 断念しました。
            
白川郷 牛首林道 1
諦めきれず、岐阜県側林道だけでも走破をと試み、白川郷 北端の林道起点へ向かいました。
            
白川郷 牛首林道 2
鉄柵にて、断念... w

                
コメント(0) 

堀川(麺処 / 岐阜市 古市場中原) [ご飯・酒]

ここんとこ、"自分ばかり好き勝手走りすぎ!" とそしられw、今日はおとなしくしていました。
            
お昼はおじいさんも一緒に、いつもの麺処 "堀川" さんへ行きました。

堀川 2 天ぷらうどん
米寿 おじいさんの大好物、いつもの 天ぷらうどん です♪
           
堀川 3 志の田そば
志の田そば♪
         
堀川 1 よくばり定食
よくばり定食 爆爆(天丼+お好みの麺 / 冷たぬきそば)
                     
スパんち、最大のリスペクト食事処さんかも♪ 
                  
コメント(0) 

冠山峠、冠荘、石徹白川 [林道・険道・旅]

9/15 反省を活かしw、今日は峠攻めを午前の部にもってきました。阿呆爆
           
冠山峠 1

冠山峠(岐阜・福井県境 R417)を今年も一度はアタックしとかなあかんと思い〜♪  ただ、あいにく今日もガスってました〜w
          
冠山林道 1
冠山林道 / 福井県側眺望よし♪
               
今日のお目当ては『渓流温泉 冠荘』(福井県今立郡池田町志津原 ゆらん温泉 No. 158)でした♪
     
冠荘 4
冠荘 2
湯殿のしつらえ、露天風呂 木の香り、眺め♪ 素朴で良い湯処です。 スパ☆4

この湯処に加えて、かずら吊り橋、アドベンチャーボート・ベースの他、蕎麦打ち体験道場 / 蕎麦食事処他が集められており、秀逸な地域プロモーションと感じました♪
        
ふるさと道場 1
           
ふるさと道場 2
"ふるさと道場"(今立郡池田町土合) / おろし蕎麦セット 930円
コシのしっかりした、(私的久方ぶりの)越前おろしそばを堪能しました〜♪
                
越前大野からの帰岐。ありきたりの R158 ではなく、石徹白を山越するルート(岐阜・福井県道 r127号)をどうしても通りたくなりました♪
         
福井県道127号 1
     
厳冬期は完全不通の県道です。
スパ、恥ずかしながら初めてのチャレンジでした。
増水後でしたが、石徹白川はやっぱ美しかったです〜♪♪
           
コメント(0) 

飛騨清見、飛騨古川 [旅]

週の谷間の、彼岸の日でした。今日は気儘な一人旅〜
最初、飛騨萩原の湯処にナビをセットしたのですが、せせらぎ街道 坂本峠辺りで突如思いが変わりました。飛騨古川を目指すことにしました。今日は下道オンリー〜

せっかく飛騨高山の近くを通るなら、昼は 飛騨中華そば(高山ラーメン)を食さねば♪
ついぞ前、職場の同僚だったかに、どこの店がお気に入りかを聞いて廻ったことがあり、その時、「飛騨清見の外れに、変なカタカナ名の食堂があるんだけど、そこが渋い♪」と言い張る輩がいて、記憶の片隅に残っていました。
        
これだ → → → "アップタウン"さん  (google map カテゴリー ; カフェ・喫茶 爆)
         
飛騨清見 アップタウン 1
          
飛騨清見 アップタウン 3 飛騨清見 アップタウン 2
入り口ガラス面に "アップタウン" のカッティング・シート発見w 定番の中華そば(飛騨高山ラーメン)650円
               
カウンター席では既に、近隣農家・大工仕事?お爺さん4名がご飯・おかず付 780円を楽しんでました。
私も同じものを注文したところ、「『そばめし』、おひとりさん〜♪」の声が鳴り響いた。爆爆
お味はご覧のとおり、飛騨高山 田舎の醍醐味でした♪
             
今日の下道旅は時間管理も快調w 昼飯を終えても12時半過ぎ、余裕で飛騨古川に向かいました。
          
飛騨古川 すぱ〜ふる 1 飛騨古川 すぱ〜ふる 2
飛騨古川 "ぬく森の湯 すぱ〜ふる" で、ひとっ風呂〜
           
ここで、映画は未だ観てないのですが、話題だけ耳年増w JR 飛騨古川駅にお立ち寄り 爆

飛騨古川駅 1
         
宇津江四十八滝近くの道すがら、神社では秋の祭禮が行われていました。

宇津江 熊野神社 祭禮 1
宇津江 "熊野神社"
実りの秋、本番ですね〜♪
   
コメント(0) 

プリミティヴ♪ [my life]

私が社会人としてスタートした勤務地近くに、田毎(たごと)という、麺類・丼ぶり屋さんがあります。
            
月日は流れ々々、現在の職場からも程近いのですが、今日、久方ぶりに行きました。
ここんとこ、職場内 板挾みで凹みっぱなしだったのですが、大好物 名物丼を頬張り、チカラをいただきました♪
        
田毎 かつ丼
"田毎" かつ丼〜♪
これが、食べれんようになったときは、スパも年貢の納めどきなのでしょうね♪

そして、今日は、うれしい発表がありました。

ec 2017 RAH 公演の開催告知が、突然に♪
May 22, 24 & 25 なそうな♪

策をこねくり廻して、次は私的初(外観は H19年の家族旅行で眺めれたけどw)RAHに見参できるか? 爆爆
         
コメント(0) 

悩んだら、信州♪ [ゆらん / 温泉シールラリー]

折角のシルバー・ウィークでしたが、メリハリに欠けました...
udauda 云ってみても、生姜 なしw
SW 最終日、惰性で行動を供にしてくれたのは◯◯w

信州 阿南 かじかの湯
南信州 / 阿南 "かじかの湯"(ゆらん温泉シール)

温泉をいただいた後の、食事処 "かじか亭"さんがお目当てでした。
(前回の、あの "一人前半 ざる蕎麦" の記憶が〜w〜)
今日の "十割蕎麦" は、とみに ブツブツでした♪ 美味しかったです〜♪
      
かじか亭 十割蕎麦 天ざる
                 
コメント(0) 

2016 高倉峠(Sep.15 part 2) [林道・険道・旅]

おにゅう峠を初走破し、滋賀県側 林道起点でふと思案橋...w (時刻は午後1時を回ってた記憶です。)
        
スパ 「これから今日、どうっすっかなぁ〜 京都側 R367 に出ても、目ぼしいポイントはないよな〜」

険道魔人 『そうだね 今日はおぬし、ツキがあるみたいだから、難しそうな峠でも、引続きトライしてみたら?』
      
スパ 「永らくアタックしていないけど、高倉峠(福井・岐阜県境)なんか、えぇよね♪」、「(時間的にも)狙えるかも〜 爆爆」
             
『それならば、おにゅう峠をピストン戻るのが、多分最短最速だね♪』 ← "険道魔人の囁き" 核爆

かくして、今しがた走破したおにゅう峠ルートをなんと、リターンw 
福井 小浜 林道起点に舞戻ったのでした。
            
敦賀 リラ・ポート(ゆらん温泉w)で、ささっと入浴を済ませ、午後3時過ぎ R8 → R365 → R476 にて、高倉峠(福井・岐阜県境)へのアタックを決断しました♪
           
ここで、Google ナビ検索では何遍試みても、【高倉峠到着見込み 17:30】、夕暮れ予想となりました...
方や、スパ勝手イメージでは、なんとか陽がある内に高倉峠に辿り着き&走り抜け、徳山ダムが漆黒に包まれる前に通過を思い描きました。
          
ジムニー高速回転w ふかしまくり、攻めに攻め、5年ぶりの高倉峠には 16:40 頃の到着となりました。

高倉峠 3
         
高倉峠 4
             
前回(H23年7月)陽光の下、峠より越前国 遥か北方を眺めた、清々しい状況とは真逆の光景でした。
日は落ち始めるは、周りにガスが立ち込めるは(視界不良)、一刻も早く徳山ダム方面へ下山したい気持ちに陥りました...
冠山林道との分岐 / 塚林道三叉路を目指し、急ぎ駆け下りました。

塚林道 分岐
17:10 頃、塚林道分岐着
       
ここまで来れば大丈夫♪ やっと、ほっとできました。
越前側 R476 分岐からこの塚林道まで、1台たりとも車両に出会いませんでした 爆爆
          
時刻的にリスク甚大なトレイルに、無謀に挑戦したことになりますが、
どう表現してよいのかわかりませんが、
険しい道に挑戦するときの、心細さ、味わう(囲まれる)自然の豊かさ、怖さ、
その一方で、走破できたときの達成感、ほっとした気持ち..♪
               
また、行きたくなります〜♪


- - - reminiscence - - -

初めての高倉峠は H23(2011)7月17日でした。
まさに、最高の夏空の日でした♪ スパの林道・峠道探求 原風景の一つです♪
Canon IXY 110 IS がその頃のメイン機でしたね♪ 別テイクをば。

H23(2011) July 17 1
↑ この写真 右肩上の、サランラップを被せたようなノイズ、なんやったんけ... ですw
でも、スパ感性ではこの写真が、この日の総合判定/準選っす♪ ミラーも写っちゃってるし〜
         
H23(2011) July 17 4
     
コメント(0) 

2016 おにゅう峠(Sep.15 part 1) [林道・険道・旅]

おにゅう峠!(滋賀/朽木 小入谷 ⇔ 福井 小浜、県境林道です。)

振り返れば、H23年3月ジムニー購入後の8月、峠走破に挑むも、道路工事のため進入叶わず、失意結果に終わりました...

林道 小入谷線 2
前回足止めをくらった滋賀県側 林道起点にて

いつかは攻略をと最優先ターゲットに据えるものの、京都からの遠距離アプローチ → 結果を出せずに終わり、相棒目線ではすこぶる印象の悪い目的地w となってしまったことから、再トライは単独行しかありえませんでした(爆爆)。
               
"峠と旅" さんをはじめ、web 情報収集の結果、今なら行ける!
虎視眈々と単独行 / 休みの採れるタイミングを狙ってましたw
そんななか、昨日(9/15)機は熟しました!
           
縁の薄さを感じた、京都・滋賀からの前回アプローチ・ルートを避けw、若狭/小浜から南下の作戦としました。(直近 "峠と旅" さんの攻略レポのまんま 爆)

林道 上根来線 鯖街道 1 林道 上根来線 鯖街道 2
          
林道 上根来線 3
福井県側 林道 上根来線にて
              
空模様は、もう一つはっきりしない日でした。でも、ワクワクどきどきしながら峠を目指します。
          
ほどなく、念願の、おにゅう峠に到着しました♪
        
おにゅう峠 若狭 6
           
おにゅう峠 1

峠から滋賀/小入谷・朽木へ下りるルートも、絶景パノラマの連続です♪
        
おにゅう峠 滋賀朽木 7
             
快晴の下ならば、さらに醍醐味・ダイナミズムも増すのでしょうが、峠走破のよろこびは全てを超越しまっすね♪
              
おにゅう峠 5
           
見晴らしの良い走行展望、そして、ところどころの、このダート感♪
さすが、先輩諸兄お墨付きのこの林道、来てよかったです〜♪♪
               
<続く:この日の道中物語(爆)>
                      
コメント(0) 

77 cb - "揺れる想い" [Music (play mode)]

ちょっと遡りますがw、2016 Aug. 7, 木田ふれあい夏祭り ムービーをいただきました〜♪


揺れる想い / ZARD
        
スパ g. 出音を聴かせていただき、ありがとうございます♪
次の機会も前傾姿勢で頑張りまっす〜
  
        
P.S.『熱中症注意』が効いてます〜w

コメント(0) 

自然脅威 [ゆらん / 温泉シールラリー]

ゆらん 2016 開幕ダッシュしております。
週末は、郡上市・白川郷方面を攻めておりました。

湯の平温泉
湯の平温泉(郡上市高鷲)

しらみずの湯
大白川温泉 しらみずの湯
           
帰路、御母衣湖・荘川桜公園に車を停め、物思いに...

御母衣湖 2
           
我が国は自然の脅威にさらされている。
あの広大な御母衣湖の、今の水位は著しい渇水状況を表わす一方で...

コメント(0)